【おすすめ出産祝いプレゼント】オルゴールボール0歳児ガラガラおもちゃ

子どものおもちゃ
スポンサーリンク

こんにちは。4児の母・100均せどらーのmanoです。

こちらのカテゴリでは、私が子どものために実際に購入して、長年使っているおもちゃなどをご紹介していこうと思います♪

 

見た目、色、音が美しく、長年の使用に耐えうるもの、という観点で選んだおもちゃの中でも、0歳児のお子さんのファーストおもちゃとしてプッシュしたいのが、今回の「オルゴールボール(メルヘンラトル)」

 

自分で買うには少し値の張るものですので、出産のお祝いのプレゼント品としても超おススメのお品です。

この「オルゴールボール」が一体どんなものなのか、20年の使用歴を元にご説明していきたいと思います♪

 

スポンサーリンク

オルゴールボールとはどんなもの?

 

紀元前ヨーロッパのDruid(ドルイド)と呼ばれる古代ケルト族権力層の僧侶が作り出した、「ドルイドベル」と呼ばれる瞑想具を起源とするのが、このオルゴールボール。

天使の奏でるハープのような不思議な音色は、赤ちゃんのみならず大人をも魅了し、穏やかにα波の状態に導く力を持つ効果があると言われている神秘の球です。

つまり平たく言うと、「手の上で回し、音の響きを楽しむもの」です。

シャラシャラと良い音がする鈴のようなもの、と言えばわかりやすいでしょうか?

 

名前には「オルゴール」とついていますが、オルゴールとは違って、特定のメロディはありません。また、鈴は音が単音ですが、このオルゴールボールは沢山の音が同時に複雑に響きます。

音的には、オーケストラで使われる「ウィンドチャイム」が一番近いでしょうか?

 

「オルゴールボール」の大きさや形は様々で、完全な球体のもの、しずく型、がらがら型、ネックレス、キーホルダーなど、用途に合わせていろいろな形で販売されています。

 

スポンサーリンク

なぜオルゴールボールを買おうと思ったのか?

シュタイナー教育-6

 

まずはこのオルゴールボールのがらがらを私が入手するに至った経緯ですが、当時私はシュタイナー教育のことを知ったばかりの時期でした。

子どもを育てる上で、自分がこれから生きていくこの世界が美しいものであるという「環境」が大事である、という考え方がすごく素敵だなと、ものすごく共感しまして。

 

それで、2番目の子が生まれた時に、実家の親が何かプレゼント考えておいてと言ってくれた時に、何がいいかな~と木のおもちゃのお店を探しているうちに、メルヘンラトルなるものがある!ということを知ったのが、入手に至ったきっかけです。

 

それ以来20年近く経ちますが、子どもより私のが鳴らしてない?というくらい、未だに大のお気に入りの品です。

本当に星の降るような不思議な音がして、子どもを怒りたくなった時とか、思い出して鳴らしてみると、ふっと心が癒されるような気がするんですよね。

まあ、大抵は怒鳴った後に思い出すんですけどね~(V_V;;)

 

長時間ずっと鳴らし続けてる訳ではないのですが、ふと目についた時に2~3回シャラランと鳴らして、また目についたら鳴らして、という感じで、ちょいちょい思い出したときに鳴らして楽しんでおります。

 
スポンサーリンク

オルゴールボールは一つ一つが手作り

「オルゴールボール」は、シャラララン~♪というような、なんとも美しい、全身のリラックスを誘う音が特徴です。
 
この音はもう、「百聞は一見にしかず」ならぬ、「百見は一聞にしかず」で、聞いていただくしかないですね。ハイ、こちらをどうぞ!
 
 
 
この音色は、クラフトマンの熟練した技術によって、トーンのチューニングから仕上げに至るまで、丹念にひとつひとつ手作りによって作られているそうです。
 
ですので、同じ形やデザイン、サイズでも、微妙にその音色や仕上げが異なるのが特徴となっています。

正に、世界にひとつだけの美しい工芸品ですね!

 

メルヘンクーゲル、ハーモニーボールなど様々な異名

この「オルゴールボール」ですが、たくさんの別名があります。
 
英語圏では、「オルゴールボール」や「ミュージックボール」、「ハーモニーボール」という名前がつけられていますが、ドイツ語圏では球体のものを「メルヘンクーゲル」、赤ちゃん向けのがらがらを「メルヘンラトル」という名称で販売しているようです。
 
「クーゲル」とはドイツ語で「球」のことを指すそうで、ラトルはいわゆる「がらがら」のこと。
最近は、普通のがらがらも「ラトル」という商品名で売っているのを見かけますね。「がらがら」よりもオシャレ感を狙ってのことでしょうか?(笑)
 
英語名称では、「ハーモニーボール」という名前が好きだったのですが、今は「オルゴールボール」という名前がメインで使われているみたいです。私的には、オルゴールとは成り立ちも用途も違うイメージなので、これはちょっと残念な言葉のチョイスです。

 

出産プレゼントのメルヘンラトル・20年後の状態は

メルヘンラトル-3

 

我が家にあるオルゴールボールのうち、赤ちゃん用に買ってもらったのは、「メルヘンラトル」の中でも2つの球のついた「オリオン」という、がらがら型のものです。

ちょっとですねー、もうお見せするの恥ずかしいくらいの変色+ボッコボコの凹み!で、画像載せるのためらったのですが、こんな状態になっちゃってます。(これでも凹みの少ない側を撮影していますw)

でも、美しい音色は変わらず健在ですよ!

そして素材がシルバーなので、外側も磨けばきっとまたキレイになります!(多分…)

 

その後、他のオルゴールボール(冒頭の画像のもの)も自分でいくつか購入しましたが、このオリオンの音が今でも一番好きで気に入っています。

オルゴールボールの最大の欠点と購入時の注意

music-box-4

 

先ほどの我が家のラトル画像をご覧頂ければお分かりの通り、がらがらタイプのオルゴールボールは非常に表面に傷がつきやすいです。

材質は下地がジャーマンシルバー(銅、亜鉛、ニッケル合金)、表面がスターリングシルバー925で出来ています。

銀が素材に入っているせいもあって、ちょっとぶつけるとすぐにへこむし、子どもがなめまくった後は放っておくと腐食してしまうし、気がつくと細かい傷もいっぱいついちゃいます

マメに手入れをするお母さんだったら、もう少し長くキレイさを保てるかもしれないです(^^;)

 

なので、大人用なら後生大事に扱えても、子どもに渡すとなると、あっという間にベコベコになるのを覚悟の上で渡さないと、子どもを怒る原因になってしまって逆効果。(笑)

私も最初は乱暴に扱われる度に「きゃー、やめてー!!」と目くじら立てて叫んでましたが、途中からすっかり諦めました(;∀;)

 

そもそも、「子どもに美しい繊細な音に触れてほしい」のが目的であって、「外見美しいまま保つ」ことが目的じゃないのですよね。

そんなに傷つくのがイヤだったら、後生大事に神棚にでも飾っておけばよいのです(‘ω’)ノ

 

なので、もし「オルゴールボールを子ども用に使う」と決めたなら、子どもが落とそうがぶつけようが、絶対に怒らないでください。

プレゼントの際にも、それだけはぜひお友達にお伝え頂きたいです。

 

とはいえ値段も張るものですし、一点物のクラフト品です。

いくら外側が凹んでも傷ついても、これが「神秘の音色の宝物」であることにはかわりないので、子どもが幼稚園くらいになって少しわかるようになってきたら、出来るだけ大事にしてもらってくださいね。

メルヘンラトルは「オリオン」「シリウス」の二種類

私がプレゼントしてもらった当時、赤ちゃん用には「オリオン」の他に、「シリウス」という名前の商品があって、こちらは大振りの球がひとつついていました。

今も類似商品?が通販サイトで販売されているのは嬉しいのですが、両方とも星の名前がついてなーい!

 

単に、「オルゴールボール(メルヘンクーゲル)メルヘンラトル」、「オルゴールボール(メルヘンクーゲル)メルヘンラトルW」という名前になっています。

「W」というのが2つ球がついているという意味だと思いますが、なんだか味気なくてつまんない。

「オリオン」「シリウス」という星関連の名前がついているところも気に入っていたので、これもちょっと残念な変化です。

 

大人向けのオルゴールボールは種類が豊富!

 

子ども向けは主に2種類しかないようですが、大人用のはとにかく種類が豊富です!

形状としては、ペンダント、キーホルダー、手の上で転がすハンドベル・タイプのものがメインです。ペンダントなどのハンディタイプはボール部分のサイズが小さく、ハンドベルのタイプは小さいものから大きいものまで、幅広くサイズが展開されているのが特徴でしょうか。

 

ボールの形は、やはり球型が一番ポピュラーですが、ハート型やリンゴ型などの変わり種も出ています。バリエーションとして、地球儀を模したものや、表面に月&星や地球、イルカ、元祖ケルト式の模様でコーティングされているシリーズなどが販売されています。

 

オルゴール専門店やヒーリング関係のショップでも幅広く扱われていて、どこの通販サイトでも販売されるようになっているので、以前と比べるとずっと入手しやすくなっていますね!

 

メルヘンラトルのお値段は20年前より少しお安い!?

 

私が20年近く前にプレゼントで買ってもらったときは、確か税込みで15,000円くらいしたと思うのですが、今は少しお安くなってますね!

実際に店頭で鳴らしてみないと違いが分からないのですが、使っている素材自体が変わったのか、流通量が増えたための値下げか??どうでしょうか。

 

私が実家の親に「出産プレゼントはこれでお願いします!」と頼んだ時は、「え、これ??こんなのにそんなにお金出すの!?」…とまであからさまには言われませんでしたが、そんな雰囲気が満載でした(^^;)

それなりに音楽好きの両親ではありましたが、さすがに赤ん坊用のガラガラにこんな値の張るもの選ぶとは思ってなかったようで、「まあ、これがいいならこれでいいけど…」みたいな感じで渋々?ながらも買ってくれました。

 

私は学生時代に金管楽器を吹いていて、「いい楽器はそれなりの値段がするもの」と思っていたので、それと比べたら「え、この音でこの値段ってむしろ安くない!?」という感覚だったのですが、その辺り、今一つ理解してもらえなかったようです(^^;)

赤ちゃん用のオルゴールボールを選ぶ基準は?

 

サイズや形など、いくつか種類があると、どれを選んだらよいのか迷ってしまいまうと思いますので、出産のお祝いとしてどれを選ぶか、という観点でベストな選び方を書いてみたいと思います。

 

一番大事なのは球のサイズ

まず一番大事なポイントですが、赤ちゃん向けのアイテムに限ってはその「サイズ」が何より大事です。

私が2つ球のある「シリウス」を選んだのも、形状的に持ちやすいということもあったのですが、一番大きな理由は「これなら間違っても飲み込んだりしないだろう」という点でした。

 

子ども用として用意するアイテムを選ぶ時に、一番心配なことが「誤飲」です。

何しろ、0歳児の赤ちゃんは何よりも触覚が優勢なので、とにかくあらゆるものを舐める、齧る、口に入れる。

おもちゃのみならず、床に落ちているものから、衣類、おもちゃ、ティッシュ、雑誌や新聞紙、段ボール、椅子の脚などなどなどなど。

なんでこんなもの口に入れるの!?と思うようなものまで、家の中にある、ありとあらゆる物を口にツッコみます。

 

ですので赤ちゃんへの贈り物は、何があっても絶対口に入りきらないサイズのものを選ぶことが先決です。

 

現在、メルヘンラトルは2㎝の球と4㎝の球のものがメインで扱われているようですが、やっぱり赤ちゃん用としては4㎝大のものがおススメ。

これなら、なめたりかじったりすることはあっても、丸ごと口の中に入れるのも結構大変ですし、飲み込むのはまず不可能。

そして大きいサイズの方が、音の響きも広がりが大きく、音色が豊かです。

 

ですが、いくら球が大きくても、柄のついていないものを選んでしまうと、思わぬ事故につながったりする可能性もあります。やはりここは、子ども用は子ども用、大人用は大人用と切り分けて考えることが大事です。

 

音色は店頭で確認を

オルゴールボールは一点もののクラフト品ですので、それぞれ音色が微妙に異なります。

どれもキレイな音には違いないのですが、できれば実物を鳴らしてみて、「これだ!」というものを選べたら良いですね!

 

動画で検索すると音のサンプルがありますが、細かな音色の違いはやっぱり実物を確認した方が良いので、もし機会があればぜひ一度実物の音を確かめてみて頂きたいです。

 

東京では以前、クレヨンハウスさんのお店で扱っていたのですが、シリウスが廃盤になってしまってからは扱っていない模様ですね。ということは、現行で売られているオルゴールボールはやっぱり別の会社が作っているのでしょうか?それでお値段も違うのかな??

 

ちなみに私はどこで買ってもらったのかというと、確か横浜駅前にあった百貨店のベビー用品売り場でした。

なんでそこで売ってるのを知ってたのか、たまたま行ったら売ってたのかは忘れちゃったんですが、実物の音を聞いてから購入できたので、今考えれば近くに売っているお店があってラッキーでした♪

 

なかなか売っているお店に行けない~という方もいらっしゃると思いますので、下の動画で音色の違いを確認してみてくださいね。

 

球の数はお好みでOK

また、球がひとつのものとふたつのものでは、音の鳴り方が全然ちがいます。

 

↓こちらが2つ球のついたタイプ。「ツインボール」という表記になっていますが、「オリオン」と類似の型です。

 

↓そして、こちらが球が一つの「シリウス」タイプです。

 

このどちらを選ぶかは、もう好みとぶっちゃけ予算の問題だけですので、ご自身が「こっちが素敵!」と思う方を選んでいただけばOKかと思います。

 

赤ちゃんにもお母さんにも使えるプレゼント

出産祝い-7

 

という訳で、私が第二子の出産プレゼントにもらった、メルヘンラトルについて書き連ねてきましたが、いかがだったでしょうか?

電子音の鳴るおもちゃが全盛の日本において、決してポピュラーなものではありませんが、赤ちゃん時代を過ぎて幼稚園・小学校…さらに大きくなってからのお子さんにも、そしてお母さん自身の心の支え、心の癒しになる素敵なアイテムです。

 

出産プレゼントは子どものためのもの、お母さんのためのもの、どちらか一方に寄りがちですが、その点このラトルだったら、赤ちゃんにもお母さんにも使えます。

友達の出産プレゼントに何が良いのか迷ってる…という方には、ぜひこんな素敵なお品を選んで頂きたいな~と思います(*^^*)

 

【おすすめ出産プレゼント】オルゴールボール0歳児がらがらおもちゃまとめ!

出産お祝いプレゼント-5

 

それでは今回の記事のまとめです。

オルゴールボールとは、古代ドルイド僧が瞑想具が発祥の音を楽しむ鈴のような球
一つ一つ職人が手作りしているクラフト工芸品である
オルゴールボール、ハーモニーボール、ミュージックボール、メルヘンクーゲル、メルヘンラトルと様々な名称がある
球型が一番ポピュラーだが、ペンダント、キーホルダー、がらがらなどの形態の商品がある
オルゴールボールの最大の欠点はキズがつきやすいこと
メルヘンラトルは以前「オリオン」「シリウス」という名称で販売されていた
大人向けのオルゴールボールは豊富な種類が売られている
価格は20年前より若干安くなっている
オルゴールボールを選ぶ基準は大きさと音色

 

それでは、今回の記事は以上になります。

最後までお読み頂きありがとうございました。100均せどらー4児の母のmanoでした(^^♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました